オーダースーツの良さ

皆様は普段どのようなスーツを着ていますか?店頭で並んでいる、いわゆる吊るしと言われている既成品を購入している方が多いのではないでしょうか。各ブランド毎に違いはありますが、平均的な体型を前提として作られているため、体に完全にフィットしているかと言われればそうではないと感じるでしょう。中には吊るしがピッタリの方もいるにはいるのですが、それは本当にごく一部なんです。平均的な体型を考慮しているはずなのになんでと思うかもしれませんが、人間は各部位が均一に作られている訳ではありません。

右足と左足の長さ、右腕と左腕の長さ、筋肉の付き方の左右非対称性、体の右側と左側が同じ人はいません。サイズ感が与える印象は非情に大きく、少し大きめのスーツを買ってしまうとズボラな雰囲気を与えてしまいます。仕事を任せようにもちょっとだらしない印象を感じてしまい、損をすることがあるかもしれません。一方、少し小さめのスーツを買ってしまうとピチピチしたスーツが不信感を煽ってしまいます。

極端な例ですが、大人が子ども用のサイズの合わない服を着た時のことをイメージしてみてください……異質ですよね。そのような問題点を解決するのがオーダースーツです。一人ひとりの違いを考えて作られるオーダースーツはまさにその人専用のスーツです。サイズ感はピッタリで、きっちりとした仕事ができる印象を与えてくれます。

既成品が横行する前までは、オーダースーツであり、上流階級の服装であったと感じます。誰もがスーツを着るようになった今、違いを意識してデキる自分を演出しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする