オーダースーツの種類

スポーツをしている人など特殊な体型をしている人では既製品のスーツが自分の体に合わないということも多いものです。一般的な体型の人に合わせて作られているため、背の高い人にとっては着丈で合わせて購入すると身幅が広くてだぼだぼとして恰好が悪いものであり、また腕や太ももなど部分的に筋肉が発達しているがっちり体型の人では太い部分に合わせても同じように大きなサイズを着なくてはならないことになります。お直しをするとしても修正箇所が多くて高額になってしまうものであり、それならば初めからオーダースーツを利用してみるといいでしょう。オーダースーツには二つの種類があります。

最初から自分だけのサイズで型紙を作ってもらうフルオーダーでは、追加注文をする時にも自分の型紙を保管してもらっているのですぐに作ってもらうことができます。しかし、価格的には高額になるためにもう少し予算を抑えたい人にはセミオーダーが向いています。あらかじめいくつかの型紙が用意されており、その中から自分の体に近い形の型紙を選んで部分的な修正が行われます。オーダースーツは、特殊な体型の人でも自分の体にぴったりと合わせることができ、また素材やデザインも好きなように組み合わせが可能というメリットもあります。

表地や裏地、ボタンの選択であったり、衿やポケット、カフスなどのデザインも選ぶことができます。既製品にはない個性的なスーツを作ることもでき、世界でたった一つの自分用スーツが完成します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする