オーダースーツは実にいいものです

今はレディーメイドの時代ですから、わざわざ高いお金を出してまでオーダースーツでなければ身体に合わないという人はまずいないでしょう。したがって、オーダースーツを頼むのは、かなり裕福な人で、それなりのおしゃれを意識している人ということになりそうです。でも、オーダースーツといってもピンからキリまであり、それでも多少値が張るとしても、びっくりするほどではないので、着心地の良さを求めて注文するのもいいのではないでしょうか。レディーメイドの場合は、AB体などの体格パターンと背の高さを基準とした大きさが基本であって、身体に合わせて調整してくれるとしても、上着の袖丈や、ズボンの胴回り、そして股下の長さといったくらいでしょう。

人によっては、足の太さに特徴があったり、肩の筋肉が人並み以上であったり、胸が普通の人より発達しているというようなケースもありますが、そこまで調整するのは難しいこととなります。細身に関しても同じことが言えます。その点、オーダースーツであれば、間違いなく身体にフィットしたスーツに仕上がります。もちろん、人によって、ゆとりのある方が好きだとか、ぴったりしている方が気持ちがいいとかの差がありますが、こうしたことにも対応できるのがいいところなのです。

一つだけ注意したいのは、一度注文したが、大して効果がなかったという人のためですが、それはその人がオーダーの仕方に馴染んでいないために起こることが多いということです。緊張感などもあるのしょうが、自分のオーダーした内容と出来上がるスーツとの関連が予想できないところから起きることがあるのです。ですから、特に最初のときは、見本を羽織ってみたリ、見本ズボンをはいて見たリして、できるだけ慎重にオーダーすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする