礼服はスーツとは別に用意する

一見、礼服も黒いビジネススーツも同じように見えます。私は昔、スーツの販売店員をしていたこともあり、その時初めて礼服とビジネス用では違うということを知りました。きっと男性の中には黒のスーツを着て、お葬式に出たという人もいることでしょう。あえて言わせてもらいましょう。

若い方にはバレていなかったかもしれませんが、ある程度の年齢を重ねてこられた方や知識がある方にはバレバレだったということです。実際、礼服とビジネス用を比べるとわかりますが、礼服は漆黒です。黒いスーツと色合いが違います。正式な場所での正装になりますので、ビジネス用とは別に礼服を持ちましょう。

結婚式、お葬式でいつかは使うものになりますし、急に必要になった時に困ってしまいます。裾直しが必要になってきたり、何が起こるかわからないので前もって準備をしておきましょう。また、礼服を購入する際にネームをしっかり入れてもらうことをお勧めします。実際、礼服を着る時に暑くて上着を脱ぐ場合があります。

その上着をずっと持って行くならば話は別ですが、置くかもしれません。置いたはいいが、後で戻ると礼服の上着ばかりで見分けがつかないということもよくあります。汗を吸った礼服の上着交換なんて誰もしたくはありません。そういう事態を防ぐためにも、ネームは入れておきましょう。

特に礼服の上着の違いは、見た目でわからないことが多いものです。スーツと礼服は同じものという考え方ではなく、全く別のものと認識しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする