スーツの保管やトラブル

スーツは保管に気をつけないと、カビや虫食いに合ってしまうので注意しましょう。私も、スーツをクローゼットの中に入れっぱなしにしていて、カビが生えてしまったことがあります。そうなってしまうと、ショックは大きいものです。そうなる前に、やれることをやりましょう。

基本的には、クリーニングして保管します。そのままの保管はカビや虫食いの原因になってしまうので、綺麗にします。また、通気性をよくするために、たまに日干しすることやクローゼットの中を服だらけにせずに、隙間を作ることも重要です。通気性が良くないとダメということは、クリーニングの袋をかけっぱなしにしておくこともやめましょう。

薄い布やスーツカバーを使って保管することが良いです。虫食いを避けるためにも、防虫剤も合わせて使いましょう。よくあることが、食べ物のシミがついてしまったり、泥などで汚してしまう場合です。その場合、すぐに濡らしてハンカチなどでトントンと叩いて落とします。

それでも落ちなければ、中性洗剤で同じことをした後に洗剤を流しましょう。汚れによって、落とし方が違ってくるので調べて対処します。スーツは大切に扱うことで、長くつかえるものでもあります。また、もう新しいものが次々出るため買い直したいと思っても、販売していないことも多いのです。

後悔しないためにも、取扱いには注意しましょう。綺麗なスーツを着ることで気持ちも引き締まり、やる気もアップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする