比較して選ぶ立体駐車場 - 比較して選ぶ立体駐車場
  • 比較して選ぶ立体駐車場

    立体駐車場は機械式と自走式に大きく分けられ、機械式はさらにタワー式と多段式の2種類に分けることができます。

    自走式は目的の階まで自分で運転して駐車する方式で、それぞれの階をつなぐスロープがフラットタイプかスキップタイプかまたは連続床タイプかの3種類が存在します。プランニングとして敷地を最大限に有効活用することが可能で、百貨店や郊外の大型ショッピングモールなどで利用されています。


    一定時間に入出庫が集中しても対応がしやすく、屋上以外は屋根付きとなるため車の乗り降りや荷物の出し入れ時に雨に濡れる心配がありません。


    何階建てにするかや規模にもよりますが車両1台当たりの建設コストは比較的安価で、ランニングコストも他の方式に比べて安価なところが特徴です。

    タワー式の立体駐車場はエレベーターのような機械で上昇させて各棚に収容する方式で、狭小地でも収容効率が非常に高いのが特徴です。

    すごく便利な立体駐車場に関する情報を公開しているサイトです。

    タワー内に収容するため車上荒らしやいたずらをされる心配がなく、防犯性に大変優れています。多段式の立体駐車場は1台分の駐車スペースを多層化して車を載せるパレットを上昇して収容する方式で、駐車装置をレイアウトすれば複雑な地形にも対応しやすいのが特徴です。


    こちらも装置内に収容するため防犯性に優れていて、建設コストは比較的安価ですが定期的なメンテナンスは必要です。



    マンションや社員用の駐車場に利用されていて、小規模からの対応が可能です。