シミの治療はどのように行われるのだろうかと疑問に思った人は、ぜひシミの種類について調べてみてください。なぜなら、シミの治療は、シミの種類によって方法がそれぞれ異なるからです。例えば、シミには次のような種類があります。肝斑タイプ、遅発性両側性太田母斑様色素斑、老人性色素斑、老人性色素斑、ソバカスです。

それぞれの特徴ですが、肝斑タイプというのは30~40代に多い症状で、薄茶色の染み、左右対称に現れるのが特徴です。遅発性両側性太田母斑様色素斑というのは、目の周りに現れる染みのことで、青褐色をしており、いわゆるクマと呼ばれているものです。老人性色素斑の特徴は境界がはっきりしていること、いろは大小薄茶色で、こめかみや頬に出現します。ソバカスについてはすっかりおなじみ、こちらは小さな茶色の染みで、大きさはさまざま、米粒大~小豆大のものまであります。

こうしたそれぞれの種類ごとに治療方法が異なるので、自分の症状がどの種類に当てはめるのか、まずはそれを確認しなければなりません。また、しみを治療する場合は、完治させるためにさまざまな医療機器を使用しなければなりません。したがって病院を選ぶときは、そうした種々の医療機器の使用に通じていること、また機器を使ったしみ治療で実績が豊富なところを選ぶようにしてください。病院自体に機器がいくつも取り揃えられている必要がありますし、それに加えて豊富な臨床経験も求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です