老化現象とも言われるシミは、年齢を重ねた人なら誰にでも起こり得る症状です。大きな原因は紫外線を浴び続けた影響で、メラニンが過剰に生成されることです。通常、ある程度のメラニンは肌を保護する役割があり、役目を終えたあとは肌のターンオーバーとともに排出されます。しかし紫外線のダメージで肌が弱っていると、それを守るためにメラニンが多く生まれるほか、排出する流れもうまく働かなくなってしまうのです。

皮膚科では、このような症状に対し治療を施すことで悩みを解決してくれます。利用する場所にもよりますが、症状の程度に合わせた治療を受けることができ、初期で軽い症状ならばシミに効果のある塗り薬にて対処します。それだけでは治らないという場合には、特殊なレーザーや光を使用してメラニンを破壊するほか、イオン導入にて美肌成分であるビタミンCやプラセンタなどを肌の奥まで浸透させる方法を用います。また、シミの排出を促すために肌のターンオーバーを整えるケミカルピーリングを採用しているところも多いですし、美白成分を体内に届けるための注射や点滴療法を利用する場所もあります。

これらは、それぞれに特徴があり、引き出される効果も異なっています。どれを選択するかは、悩んでいるシミの状態や体質をチェックしたあと、効果の効き方、料金などを説明して利用者の納得を得てから決めていきます。目立っている症状の大きさや濃さも関係してきますし、シミの種類によっても適切な治療法に違いがありますので、気になっている方はまず専門家の診断を受けるようにしたいです。青山のシミ治療のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です