シミができてしまったら、皮膚科に通うのが最も有効な手段です。市販の化粧品などでもシミをケアできるものがありますが、効果を実感できるようになるまでしばらくかかりますし、その間に新たなシミができないとも限りません。皮膚科の治療にも色々な種類があります。外用薬ではハイドロキノンの軟膏が一般的です。

このお薬は漂白作用が強く、有効成分が高濃度で含まれています。強い作用を持ちますので、医師の診断の元使用しなければならないお薬です。内服薬による治療が行われることもあります。トランサミンは、メラノサイト活性化因子をブロックしますので、メラニンの生成を抑えることができます。

化粧品にもよく含まれているビタミンC誘導体は、メラニンに直接働きかけて色素沈着を改善することができます。その他、L-システインも美白効果に優れており、メラニン色素を排出する作用があります。皮膚科での治療は保険適用となりますので、比較的安く済みます。しかも、高濃度のしっかりと効くお薬が処方されますので、短期間のうちに効果を実感することができます。

ただし、レーザー治療などの保険適用外となる治療も中には存在しますので、事前の確認が必要です。経験豊富な医師はシミの種類を正確に特定し、適切な処方をしてくれます。そのため、満足度は高くなります。なかなか改善できないシミであっても専門医にかかれば良くなる可能性がありますので、悩んでいる場合には一度受診してみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です