シミの治療というと皮膚科が思い浮かびますが、自宅でも行うことができます。内服薬を利用する場合、ビタミンCやトラネキサム酸などが含まれています。ビタミンCは抗酸化作用に優れ、活性酸素を取り除いてくれます。それと同時にメラニン色素の生成も抑えてくれますので美白に効果的です。トラネキサム酸はレーザーを当てると濃くなってしまうシミに対して効果を発揮します。

 

これらの内服薬には即効性はありませんが、長く続けることで少しずつ効果が表れてきます。塗り薬による治療を選択する場合、レチノイン酸やハイドロキノンが含まれているものを利用します。レチノイン酸は皮膚の代謝を活性化させ、留まっているメラニンを排出させることができます。ハイドロキノンは強力な肌の漂白剤であり、メラニン色素を生成するチロシナーゼ酵素の働きを抑制することができます。自宅でのケアのみで治療を行う場合、どれも作用が緩やかですので時間がかかります。少しでも効果が出るのを早めたいという場合には、ピーリングを併用すると効果的です。ピーリングは、古い肌細胞を強制的に剥がすことで、新しい細胞が生まれるのを促進させます。

 

そのため、瑞々しい細胞が増えて、トラブルのあった細胞がどんどん減ります。ターンオーバーが改善されて代謝が良くなると肌トラブル自体を起こしにくくなりますので、新たなシミの予防にもつながります。とても効果の高いケアではありますが、その分肌への負担も大きいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です